2010年04月23日

臥龍桜 陽気に誘われ満開 岐阜・高山(毎日新聞)

 岐阜県高山市一之宮町の国の天然記念物「臥龍桜(がりゅうざくら)」(樹齢推定約1100年)が満開になった。

【写真特集】写真で見る日本各地のサクラ

 樹高約20メートル、幹回り約7メートルで緩やかな斜面に東西約30メートルの枝を張るエドヒガンザクラの巨木。幹の形が龍が伏した形に似ていることから名付けられた。同市一之宮支所産業振興課によると、昨年より4日遅く今月16日に開花。20、21日の暖かさで一気に花が開いた。週末が見ごろという。

 21日の東海地方は晴れ間が広がり気温が上昇。岐阜県恵那市、愛知県新城市などでは最高気温が25度を超えて夏日になり、汗ばむほどの陽気となった。日本気象協会中部支社によると、22日は未明から終日雨で気温は上がらず、各地の最高気温は21日より10度前後低くなる見込み。【宮田正和】

【関連ニュース】
【特集】日本全国のサクラ情報満載
【写真特集】写真で見る花見今昔 飲めや歌えは連綿と
【写真特集】春のきれいな草花がたくさん 毎日植物園
【関連写真】神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧

電線ケーブルカルテルで大阪の業者などを立ち入り検査(産経新聞)
<全国学力テスト>過去問出題で成長分析(毎日新聞)
高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
【イチから分かる】大阪都構想 府と市を「都」に再編(産経新聞)
新潟県に運転再開申し入れ=柏崎刈羽原発1号機−東電(時事通信)
posted by エジリ シゲハル at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)

 18日午後9時ごろ、山口県山陽小野田市港町、大石義美さん(81)方の風呂場で、妻、サカヨさん(78)が倒れていると119番があった。山陽小野田署によると、サカヨさんは頭に数カ所の切り傷や打撲があり、死亡が確認された。普段は財布や自宅の鍵を入れているバッグが自宅からなくなっており、県警は19日、同署に捜査本部を設置し、強盗殺人容疑で捜査している。

 県警によると、義美さんは山陽小野田市の病院に3月下旬から入院しており、サカヨさんは1人暮らしだった。衣類を身に着けた状態で風呂場であおむけで見つかった。電気は消えており、風呂場以外に目立った血痕はなかった。

 19日午後にも司法解剖する。

 近所の人によると、サカヨさんは日ごろから玄関脇の植木鉢の下に合鍵を入れていた。事件発覚時には合鍵がなくなっており、玄関や窓が施錠されていたという。

 サカヨさんは義美さんの妹(59)=同県宇部市=と一緒に義美さんを見舞い、17日夕方に別れた。妹は18日午後5時ごろにサカヨさんに電話したが連絡がつかず、妹と夫(59)が午後9時前に自宅を訪れ、発見した。玄関のガラスを割って家の中に入った。

【関連記事】
風呂場で78歳女性殺害、強盗殺人で捜査 山口
「誰が解約した」包丁持ち出し次々 豊川の一家5人殺傷事件
血まみれ、炎に包まれる家 「引きこもり」30歳容疑者
「会社に不満」殺害認める 一家3人遺棄容疑 社員ら4人逮捕
「襲撃されて殺害」に広島高裁も正当防衛否定 元組員の控訴棄却
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ(産経新聞)
消費税、凍結見直し必要=増税争点に衆院解散も−仙谷国家戦略相(時事通信)
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」−名古屋高裁(時事通信)
ノエビア前副社長、認否を留保=ストーカー事件で初公判−神戸地裁(時事通信)
「沖縄」密約開示命令、西山さん「超完全勝利」(読売新聞)
posted by エジリ シゲハル at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

飲酒運転 取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間(毎日新聞)

 警察庁は、運転免許の取り消し処分を受けた違反者に対する講習に、飲酒運転の違反者向けに特化したカリキュラムを導入する。カウンセリングや日記などを取り入れて再び飲酒運転をしないよう意識づけをするのが狙いだ。今秋からモデル事業として四つの都道府県で実施。受講者が違反を繰り返さなかったかを追跡調査して効果を検証し、13年からの全国実施を目指す。

 現行の取り消し処分者講習は、運転に関する適性検査や実車講習などを2日連続で計13時間受ける。受講者がどんな違反をしたかにかかわらずカリキュラムは一律だ。新たに導入するカリキュラムは、飲酒運転が原因で免許取り消し処分となった違反者が対象。現行の科目に(1)アルコールへの依存の度合いを調べるスクリーニングテスト(2)警察官らを講師とするカウンセリング(3)受講者同士のディスカッション−−などを加える。

 2日連続計12時間の講習を受けた後、受講者それぞれが飲酒をコントロールする目標をたて、1日の飲酒量などその達成状況を4週間、「日記」として記録する。この期間は受講はなく「自分と向き合い、飲酒運転はやめるという意識を高めるための時間」(警察庁運転免許課)とする。その後、1時間の講習を受け、運転免許試験を受験できる。

 警察庁によると、09年の飲酒運転による死亡事故は292件で、00年(1276件)以降、01年から9年連続で減少した。飲酒運転の取り締まり件数も、05年の14万873件から09年4万1801件と減少傾向が続いている。飲酒運転に対する厳罰化などが背景にあるが、警察庁担当者は「飲酒による事故をさらに減らすため、違反者への教育の観点から対策を打ち出した」と話している。【鮎川耕史】

 【ことば】取り消し処分者講習

 交通違反で運転免許の取り消し処分を受けた者を対象とする講習。運転免許試験場などで行われる。新たに免許を取得するため試験を受けるには、事前にこの講習を受けなければならない。道路交通法施行規則で受講時間は13時間と定められている。09年の受講者は3万3964人。うち飲酒運転での受講者は約26%の8785人に上る。

【関連ニュース】
<特集>許すな!飲酒運転
酒気帯び運転:中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り
酒気帯び:容疑で自衛官逮捕 乗用車に追突 山口・宇部
飲酒運転:都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か
沖縄ひき逃げ:米3曹容疑認める 県警が任意聴取

鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」(産経新聞)
収納ケース内女性遺体 殺人容疑で女を再逮捕「殺していない」(産経新聞)
自立援助ホーム 「あすなろ荘」19歳寮生、初の進学者(毎日新聞)
名張毒ぶどう酒事件 84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)
小沢幹事長のGW訪米中止 米側が難色か(産経新聞)
posted by エジリ シゲハル at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。