2010年05月29日

食を考える歯のシンポジウム6月開催(医療介護CBニュース)

 患者・国民と歯科医療関係者が一緒になり、歯科の問題解決を目指して活動する「保険でよい歯を」東京連絡会は6月6日、東京都新宿区の東医健保会館で「食べること・生きること 食を考える6・6保険でよい歯シンポジウム」を開催する。

 一生を通じて自分の歯でかむこと、食べることの大切さを歯科医師や保健師と共に考える。シンポジストは、歯科医師で開業医の五島朋幸氏、月刊誌「食べもの文化」編集長で管理栄養士の安藤節子氏、保健師の林恵子氏を予定しており、当日には、会場参加者との質疑応答も行うという。

 時間は午後1時半から同3時半で、参加費は無料。


【関連記事】
私立歯科大の6割超が定員割れ
外国人の歯科医師、看護師などの就労年数制限、撤廃へ―法務省
歯科技工士を続ける上での問題点、「低賃金」が最多
加齢に伴う歯周炎の進行、過剰な免疫反応が原因か
10年度診療報酬改定の内容などを説明―国公私立大学歯学部長・附属病院長会議

【虐待はどんな傷を残すのか】(3)ネグレクトからの救出(産経新聞)
「代替休暇制度」創設でどうなる? 長時間労働抑え、多様な働き方推奨(産経新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)
画家ミュシャの華麗な世界150点(産経新聞)
医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分―三重(時事通信)
posted by エジリ シゲハル at 15:51| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。